好きを大事にするブログ

好きなものを紹介していきます。漫画の紹介がメイン!みんなも漫画を読み込もう。

【がっこうぐらし】12巻(最終巻)の感想 くるみが11巻まで持ちこたえた理由とは

スポンサーリンク

学園生活部と世界の運命や如何に……

ネタバレ注意です。
(物語の結末や学園生活部の面々の行く末は踏まないように善処したつもり)

くるみが11巻まで持ちこたえた理由

この点についてはまず語りたい!

まさかがっこうがゾンビ化を防ぐカギだったとは……

学校近くの沼及びその源流の水にはゾンビ化を防ぐ成分が入っていたようです。

そのため、水道からそれを摂取できる環境にあった学園生活部のくるみはゾンビ化を免れることとなった……。


どうして他の学校の生徒がゾンビ化したかは、この記事ではあまり重要ではないので是非自分の目で確かめてください。

ともかく学校にはそのゾンビ化を防ぐ水を飲む環境がありましたが、学校の外にはありません。

ですから、11巻までは何とか持ちこたえたものの、その前にはもう車椅子が必要だったり、11巻では動けなくなってしまったりとゾンビ化を防ぐ効果が抜け出てしまったんでしょうね。

設定の流れが素晴らしすぎる。

流石ニトロプラス……。



くるみがゾンビに噛まれた直後である4巻では、くるみが意識を失ってから意識を取り戻すまで特に水を飲んでいる描写はありません。

美紀が持ってきた実験薬を摂取させているくらいです。

つまり日常的に飲んでいることに意味があったのか、薬の中に既にゾンビ化を防ぐ成分が入っていたのか。

12巻で美紀がすぐに回復した理由

12巻で美紀がゾンビに噛まれてしまいます。

しかしくるみとは異なり回復も速かった。

これも恐らく上記の水のおかげでしょうね。

噛まれて時間を置かずに水を飲んだおかげで、体がゾンビに馴染む前に抵抗力が回復したのだと思います。

くるみも同じタイミングで水を飲んでいますが、ゾンビに体が馴染んでしまったのかくるみが起き上がったタイミングでは動ける素振りは見せませんでした。



4巻でくるみの回復が遅かったのは、精神的な問題もあるのではと考えました。

4巻でくるみを噛んだのはめぐねぇということはわかってますから、そのことがショックで回復が遅かったのではないかと。

しかし12巻の美紀も噛まれたタイミングでそれ相応の精神的ダメージを受ける描写は存在しているため、精神的なものではないと思います。

やはり水の力は大きいということになります。

水の力

さて、美紀は即回復、くるみは回復しなかった、ということから、水の力はこのようなものではなかったのではないかと推測できます。


水を摂取するとゾンビ化を防ぐ成分がたまる。
水を摂取することでゾンビ化を防ぐ成分は活性化する。
水を摂取していなくてもゾンビ化を防ぐ成分があれば、ゾンビ化の進行を遅らせることはできる。
ゾンビ化の進行度に応じて水の効き目が薄くなる。


美紀は学校で長期間水を摂取していたはずであり、12巻までゾンビに噛まれることもなかったため、ゾンビ化を防ぐ成分が体に残っていたのではないでしょうか。

そのため、水を摂取することで12巻でも即回復できました。

対してくるみは12巻までにゾンビ化を防ぐ成分を消費しきっていしまっていたため、車椅子が必要になったり動けなくなったり、水を摂取しても即回復しなかったのではないでしょうか。

4巻時点で噛まれてすぐに水を飲ませていれば、くるみはその時に助かっていたかもしれません。

立ち向かうための幻覚

がっこうぐらし前半戦では、由紀はめぐねぇの幻覚を見ていました。

そして12巻で再び、くるみや、めぐねぇを筆頭に喪ってしまった仲間たちの幻覚を見ます。

今度は、現実から逃げるためではなく、現実に立ち向かうために。


もう登場することがないと思っていた幻覚を、今度は味方につけて戦う由紀が勇ましいですよね……

あんなに頼りなかった由紀が頼もしすぎる。

いや、頼もしくはないか。

でも、安心して応援できました。

ここまで生きてくれて本当に良かった。

まとめ

今まで読んでて謎だったこと、学園生活部と世界がどうなっていくかということ。

知りたかったことがかなり判明し、結末も最終巻にふさわしいものだったと思います。

まだ読めていない方は是非、購入して読んでください。

商品情報


こっちが電子書籍版で


こっちが紙媒体です。

個人的には漫画の購入は電子書籍をお勧めしていますが、今回は紙で買いました。

11巻まで紙で買っているので、最後だけ仲間外れは可哀想だったので。

ちなみに、紙媒体の帯にもありますが、ページ数40%増とある通り、今までよりも厚いです。

がっつりと読み応えがあるので、これまで紙媒体で買ってきているならば紙で購入するのも全然アリだと思います!